www.sektabrand.com

.

.


今まで洋室にベッドを置いて寝ていたのですが、ベッドのマットレスが身体に合わなかったのか、ぐっすり眠れたという感じがせず、疲労が溜まっていました。 そこで、思い切って寝室を和室に移し、畳の上に布団を敷いて寝る生活に替えてみました。すると、すごくよく眠れるのです。畳みプラス布団という固さが私にちょうどいいのかなと思うのですが、マットレス特有の、寝返りを打った時に身体が揺れるような感じがないのが、一番いいのかもしれません。あの身体が弾むような揺れで、今までけっこう目が覚めてしまっていたのです。 日本人にはやっぱり畳が合っているのかな、なんて思ってしまいました。睡眠がたっぷり取れると疲労回復も早いようで、今までの疲れが嘘のようです。私の場合、疲れが溜まると肩が凝り、頭痛がしたりして大変だったのですが、最近はそれもなく快調です。 寝室や寝具を変えるだけで、疲労回復にこんなにも効果があるとは思ってもみませんでした。やっぱり健康の基本は睡眠なんですね。